​膝が痛い・オスグット病

 小学高学年から中学の発育期のスポーツ少年の、お皿の下の骨(脛骨粗面)が徐々に出てきて痛みを生じる、成長期の特徴的なスポーツ障害です。

おもな症状

 とくにスポーツで飛んだり・跳ねたり・ボールを蹴る動作の繰り返しにより生じます。休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。 太ももの筋肉が付着するところの骨が膨隆してくるため、圧痛・運動痛は著しく、腫れや熱感(初期)もあり、階段を上がる・トイレからの立ち上がり動作などの日常生活にも機能障害がある。

中島接骨院だから、出来る治療

 基本的には運動・スポーツ活動を控えるなどの安静と休息。太ももの筋肉のストレッチングやテーピングほか、装具の着用。当院では私 中島が業歴30年の実績で培った様々な治療法・筋弛緩法をミックスさせた独自の手技で効果的に筋肉を和らげます。

 骨の膨隆しているところは骨端軟骨の剥離状態にあるため超音波治療により速やかに組織の修復を行います。

 発症直後の痛みの強い時期は羽田野式ハイボルト治療にて炎症と腫れを抑えます。

 回復期の人には超音波水中浴によるマイクロ振動波と温熱効果により、血管拡張・血流改善・筋硬縮を緩解させ、運動療法と合わせ、一刻も早いスポーツ競技の復帰を目指します。

☎ 0532-53-3270 中島接骨院