​四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

 四十も五十も発症する年齢が異なるだけで同じ病気です。実際には30代でも60代以降の方でも発症します。免疫疾患ではないので何度でも同側の痛みを発症することがあります。肩関節の周りに炎症を起こすことによって痛みを発生させます。

 一般的には数週間~半年、長くても1~2年ほどで自然に痛みが軽くなり、動きの制限も少しずつ改善していきますが、放っておくことで周辺の筋肉が減ってしまいます。

 腕が上がらなくなる。動かすと痛い。夜、お休みしてから痛くて目が覚める。肩関節が固まる。肩関節周辺の筋力

低下と筋委縮。

おもな症状

中島接骨院だから効く、こんな治療

 突然、激しい痛みに襲われ動かすことが出来ない急性期の症状には、速攻徐痛の羽田野式ハイボルト治療で神経の興奮を抑え、炎症を鎮め、短期間で回復へと導きます。

 慢性期の固まった関節では超音波治療により、深部の奥深くの筋肉まで温め弛緩させます。羽田野式ハイボルト治療は筋ポンプ作用とアイソメトリック運動により、血液循環を改善させ、一気に関節可動域を拡げます。

☎ 0532-53-3270 中島接骨院