捻挫 

 捻挫とは、何らかの外力がかかり関節を構成する軟部組織(筋肉や靭帯が大きく捻じれることによって損傷してしまうことを言います。

​ 捻挫は一般に足のケガと思われがちですが、全ての関節でも発生します。腕が上がらない・首が回らない・突き指なども捻挫に含まれます。

おもな症状

 捻挫をするとまず最初に炎症症状が発生します。腫脹・発赤・熱感・疼痛・機能障害があげられます。

 とくに疼痛のなかでも運動痛には自動運動・他動運動があり、受傷起点の向きに動かすことで大きなな痛みが発生します。受傷から時間が経過した関節では腫れが増し、関節可動域を制限させます。

​中島接骨院だから治るこんな治療

 捻挫は最初の処置が一番大事です。炎症症状の中でも「腫脹」をいかに早くひかせるかが勝負となってきます。自分でも動かせるので骨までは大丈夫であろうと思い、様子を見ようと時間を空けてしまうことで、腫れはどんどん大きくなり、むくみや痛み・機能障害をより大きく発生させてしまいます。 むくみを放っておくと線維化し、しこりのようになり、回復に時間がかかるようになります。

 腫れを最少限に抑えるには、いかに早く羽田野式ハイボルト治療を行うかがポイントとなってきます。ハイボルト治療は炎症症状をその場で抑え、腫れの進行を止め吸収を早めます。壊れた組織自体を回復させることで、劇的に症状を緩和させることができます。

☎ 0532-53-3270 中島接骨院